アリセプトについて たしかめてください、患者さんの「認知機能」

アリセプトのすべて

第Ⅰ章 アリセプトの概要

アリセプトD錠を水なしで服用してもよいですか?

アリセプトD錠は口腔内崩壊錠であるため、水なしで服用することも可能です。また、口腔粘膜からは吸収されませんので、服用後は口腔内にとどめず、必ず飲み込むようにご指導ください。

アリセプトD錠は水なしで服用することも可能ですが、高齢者では唾液の量が少ないことが多く、崩壊までに時間がかかったり、崩壊後に飲み込めない場合もあります。添付文書の「適用上の注意」にも記載されているとおり、寝たままの状態では、水なしで服用させないこと となっています。なるべく「少量の水と服用する」ことをお勧めください。

ページトップへ

第Ⅰ章 アリセプトの概要ページをご覧の皆様へ

エーザイのアルツハイマー型、レビー小体型認知症治療薬「アリセプト」のサイトです。
アルツハイマー型、レビー小体型認知症の患者様とそのご家族を支え、コミュニケーションをサポートするツールも掲載しています。