アリセプトについて たしかめてください、患者さんの「認知機能」

アリセプトのすべて

第Ⅱ章 作用機序と適応疾患

アリセプトに神経保護作用はありますか?

参考情報

アリセプトにはグルタミン酸神経毒性に対する神経保護作用が認められています(ラット)。

神経細胞にグルタミン酸を投与すると、その神経毒性により細胞死が引き起こされます。ラットにアリセプトを投与した場合は、神経細胞の多くが生き残っていることが確認され、アリセプトの神経保護作用が確認されました。

グルタミン酸神経毒性に対するアリセプトの神経保護作用(in vitro)

方法:

ラット胎仔由来培養大脳皮質細胞を用い、アリセプト(1μM)で24時間前処置した後に、グルタミン酸(1mM)を10分間投与した後、グルタミン酸不含液で1時間インキュベートし、トリパンブルー染色を行って観察した。

1)Takada, Y. et al.: J. Pharmacol. Exp. Ther., 306, 772-7(2003)[ART-0875]

ページトップへ

第Ⅱ章 作用機序と適応疾患ページをご覧の皆様へ

エーザイのアルツハイマー型、レビー小体型認知症治療薬「アリセプト」のサイトです。
アルツハイマー型、レビー小体型認知症の患者様とそのご家族を支え、コミュニケーションをサポートするツールも掲載しています。