アリセプトについて たしかめてください、患者さんの「認知機能」

アリセプトのすべて

第Ⅱ章 作用機序と適応疾患

用法・用量に関連する使用上の注意「3mg/日投与は有効用量ではなく、消化器系副作用の発現を抑える目的なので、原則として1〜2週間を超えて使用しないこと」の「原則として」が追記されたのは何故ですか?

アリセプトの使用実態が考慮され、厚生労働省・機構との話し合いの上、「原則として」が追記されました。(2010年6月)

これまで「3mg/日投与は有効用量ではなく、消化器系副作用の発現を抑える目的なので、1〜2週間を超えて使用しないこと」となっておりました。しかし、再審査期間(1999年10月8日〜2005年10月7日)の使用成績調査において、5mg/日に増量するために2週間以上の3mg/日投与を必要とされる患者様がいらっしゃる使用実態が明らかとなりました。そこで、厚生労働省・機構との話し合いの上、「原則として」が追記されました。(2010年6月)

なお、「3mg/日投与は有効用量ではない」との記載があるため、初期用量としてアリセプト3mg/日投与の保険適用が認められる期間は、各支払い基金の判断により異なることがあります。

ページトップへ

第Ⅱ章 作用機序と適応疾患ページをご覧の皆様へ

エーザイのアルツハイマー型、レビー小体型認知症治療薬「アリセプト」のサイトです。
アルツハイマー型、レビー小体型認知症の患者様とそのご家族を支え、コミュニケーションをサポートするツールも掲載しています。