アリセプトについて たしかめてください、患者さんの「認知機能」

アリセプトのすべて

第Ⅱ章 作用機序と適応疾患

アリセプトとその他のコリンエステラーゼ阻害剤(重症筋無力症治療薬など)の作用機序の違いについて教えてください。

重症筋無力症治療薬は脳に移行しませんが、アリセプトは脳のほか、全身に移行します。(アリセプトの生体内動態については、「アリセプトの脳への移行性について教えてください。」をご参照ください)

アリセプトと他のコリンエステラーゼ阻害剤では体内分布が異なります。重症筋無力症治療薬ピリドスチグミン臭化物、アンベノニウム塩化物、ジスチグミン臭化物は脳に移行しません1)が、アリセプトは脳のほか、全身に移行します。なお、アリセプトの重症筋無力症への有効性については、検討していないので不明です。

1)田中千賀子ら:NEW薬理学 改訂第5版,南江堂(2007)

ページトップへ

第Ⅱ章 作用機序と適応疾患ページをご覧の皆様へ

エーザイのアルツハイマー型、レビー小体型認知症治療薬「アリセプト」のサイトです。
アルツハイマー型、レビー小体型認知症の患者様とそのご家族を支え、コミュニケーションをサポートするツールも掲載しています。