アリセプトについて たしかめてください、患者さんの「認知機能」

アリセプトのすべて

第Ⅲ章 体内薬物動態

アリセプトの血中濃度はどのくらいの期間で定常状態に達しますか?

アリセプトの血中濃度は、投与開始後約2週間で定常状態に達します。

健康成人男子を対象に、アリセプト5mgまたは8mgを1日1回14日間反復経口投与したところ、反復投与後の血漿中濃度は投与開始後約2週間で定常状態に達しました1)

健康成人男子に反復経口投与した時の平均血漿中濃度推移

健康成人男子における反復投与時の薬物動態パラメータ

1)エーザイ社内資料

※承認用法・用量

アルツハイマー型認知症における認知症症状の進行抑制

「通常、成人にはドネペジル塩酸塩として1日1回3mgから開始し、1〜2週間後に5mgに増量し、経口投与する。高度のアルツハイマー型認知症患者には、5mgで4週間以上経過後、10mgに増量する。なお、症状により適宜減量する。」

レビー小体型認知症における認知症症状の進行抑制

「通常、成人にはドネペジル塩酸塩として1日1回3mgから開始し、1〜2週間後に5mgに増量し、経口投与する。5mgで4週間以上経過後、10mgに増量する。なお、症状により5mgまで減量できる。」

ページトップへ

第Ⅲ章 体内薬物動態ページをご覧の皆様へ

エーザイのアルツハイマー型、レビー小体型認知症治療薬「アリセプト」のサイトです。
アルツハイマー型、レビー小体型認知症の患者様とそのご家族を支え、コミュニケーションをサポートするツールも掲載しています。