アリセプトについて たしかめてください、患者さんの「認知機能」

アリセプトのすべて

第Ⅲ章 体内薬物動態

アリセプトの臓器への蓄積について教えてください。

特定の臓器への蓄積は認められませんでした(ラット、イヌ)。

ラットに14Cでラベルしたドネペジル塩酸塩を反復投与したとき、14日目の投与後168時間においては、ほとんどの組織においては放射能濃度は定量限界未満でした1)。そして、ドネペジル塩酸塩及び代謝物の著しい蓄積はありませんでした。

また、ラット及びイヌを用いた動物実験の結果では、組織移行は比較的高く、眼組織を除けば残留性はありませんでした。

1)エーザイ社内資料

ページトップへ

第Ⅲ章 体内薬物動態ページをご覧の皆様へ

エーザイのアルツハイマー型、レビー小体型認知症治療薬「アリセプト」のサイトです。
アルツハイマー型、レビー小体型認知症の患者様とそのご家族を支え、コミュニケーションをサポートするツールも掲載しています。