アリセプトについて たしかめてください、患者さんの「認知機能」

アリセプトのすべて

第Ⅲ章 体内薬物動態

アリセプトはどのように排泄されますか?

主に尿中に排泄されます。

健康成人男子を対象にアリセプト錠2mgを単回経口投与したとき、投与後7日目までに尿中に排泄された未変化体は投与量の9.4%であり、代謝物を含めると29.6%でした。また、10mgの単回経口投与後、11日目までに排泄された未変化体は尿中で10.6%、糞中で1.7%でした。未変化体及び代謝物を合計した尿中排泄率は35.9%であり、糞中排泄率は8.4%でした1)

したがって主に尿中に排泄されます。

1)エーザイ社内資料

※承認用法・用量

アルツハイマー型認知症における認知症症状の進行抑制

「通常、成人にはドネペジル塩酸塩として1日1回3mgから開始し、1〜2週間後に5mgに増量し、経口投与する。高度のアルツハイマー型認知症患者には、5mgで4週間以上経過後、10mgに増量する。なお、症状により適宜減量する。

レビー小体型認知症における認知症症状の進行抑制

「通常、成人にはドネペジル塩酸塩として1日1回3mgから開始し、1〜2週間後に5mgに増量し、経口投与する。5mgで4週間以上経過後、10mgに増量する。なお、症状により5mgまで減量できる。」

ページトップへ

第Ⅲ章 体内薬物動態ページをご覧の皆様へ

エーザイのアルツハイマー型、レビー小体型認知症治療薬「アリセプト」のサイトです。
アルツハイマー型、レビー小体型認知症の患者様とそのご家族を支え、コミュニケーションをサポートするツールも掲載しています。