アリセプトについて たしかめてください、患者さんの「認知機能」

アリセプトのすべて

第Ⅴ章 禁忌・慎重投与の理由

アリセプトは心疾患のある患者様に投与することができますか?

心疾患患者様は「禁忌」ではありませんが、アリセプトの迷走神経刺激作用により徐脈や不整脈を起こす可能性があるため、慎重にご処方ください。

このような患者様にアリセプトを処方する際には、循環器の医師の観察下で開始していただくようにお願いします。

洞不全症候群、心房内及び房室接合部伝導障害等の心疾患のある患者様は「慎重投与」と設定されています。心疾患患者様にアリセプトを投与した場合、迷走神経刺激作用により徐脈や不整脈を起こす可能性があるため、注意が必要です。

ページトップへ

第Ⅴ章 禁忌・慎重投与の理由ページをご覧の皆様へ

エーザイのアルツハイマー型、レビー小体型認知症治療薬「アリセプト」のサイトです。
アルツハイマー型、レビー小体型認知症の患者様とそのご家族を支え、コミュニケーションをサポートするツールも掲載しています。