アリセプトについて たしかめてください、患者さんの「認知機能」

アリセプトのすべて

第Ⅶ章 注意すべき副作用とその対処法

アリセプトの主な副作用にはどんなものがありますか?

軽度及び中等度のアルツハイマー型認知症に対する主な副作用は、食欲減退(1.79%)、悪心(1.76%)があります(軽度及び中等度のアルツハイマー型認知症承認時、及び再審査終了時[使用成績調査])。

高度のアルツハイマー型認知症に対する主な副作用は、食欲減退(8.81%)、悪心(8.03%)、嘔吐(6.99%)、下痢(4.92%)があります(高度のアルツハイマー型認知症承認時)。

レビー小体型認知症に対する主な副作用は、パーキンソニズム(6.65%)、転倒(3.76%)、悪心(3.47%)、下痢(3.47%)、便秘(3.47%)、食欲減退(3.18%)があります(レビー小体型認知症承認時)。

軽度・中等度のアルツハイマー型認知症承認時及び再審査終了時(使用成績調査)、高度のアルツハイマー型認知症承認時、レビー小体型認知症承認時におけるアリセプトの副作用の発現状況は次の通りでした。

(2013年6月 エーザイ集計、MedDRA/J ver.15.0)

副作用発現状況一覧表1
副作用発現状況一覧表2
副作用発現状況一覧表3
副作用発現状況一覧表4

臨床検査値異常変動一覧(承認時:長期・継続投与試験は含まない)

ページトップへ

第Ⅶ章 注意すべき副作用とその対処法ページをご覧の皆様へ

エーザイのアルツハイマー型、レビー小体型認知症治療薬「アリセプト」のサイトです。
アルツハイマー型、レビー小体型認知症の患者様とそのご家族を支え、コミュニケーションをサポートするツールも掲載しています。