アリセプトについて たしかめてください、患者さんの「認知機能」

アリセプトのすべて

第Ⅶ章 注意すべき副作用とその対処法

アリセプトによって呼吸困難が発現する機序について教えてください。

呼吸運動の調節機序には様々な機序があるため、アリセプト投与によりどの機序が影響を受けているのかを特定するのは困難です。

呼吸困難の発現機序は明確ではありません。しかし、アリセプトの迷走神経刺激作用による肺迷走神経を介する呼吸中枢の抑制、あるいは徐脈や血圧低下による循環動態低下により生じたものとも考えられます。

なお、アリセプトの副作用として、呼吸困難が1例/4429例(0.02%)が報告されています(軽度・中等度・高度のアルツハイマー型認知症承認時及び再審査終了時、レビー小体型認知症承認時)。

ページトップへ

第Ⅶ章 注意すべき副作用とその対処法ページをご覧の皆様へ

エーザイのアルツハイマー型、レビー小体型認知症治療薬「アリセプト」のサイトです。
アルツハイマー型、レビー小体型認知症の患者様とそのご家族を支え、コミュニケーションをサポートするツールも掲載しています。