アリセプトについて たしかめてください、患者さんの「認知機能」

アリセプトのすべて

第Ⅷ章 薬物相互作用

アリセプトで治療中のアルツハイマー型認知症患者様のうつ症状にSSRI(塩酸セルトラリン、フルボキサミンマレイン酸塩、パロキセチン塩酸塩水和物など)を併用してもよいですか?

アリセプトとSSRIとの併用については、評価が確立していません。フルボキサミンマレイン酸塩、パロキセチン塩酸塩水和物はアリセプトの代謝を阻害し、作用を増強させる可能性がありますので、併用時には患者様の状態に注意してください。

SSRIとの併用は「併用注意」には設定されていませんが、アリセプトはCYP3A4やCYP2D6により代謝されるため、CYP3A4及びCYP2D6の阻害作用を有するフルボキサミンマレイン酸塩、CYP2D6の阻害作用を有するパロキセチン塩酸塩水和物との併用により、アリセプトの作用が増強される可能性が考えられます。

SSRIとの併用で効果が得られた報告として、心気症状の悪化を契機にアリセプトにパロキセチン塩酸塩水和物を併用投与して精神症状、認知機能ともに著明改善を示した症例1)や、SSRI併用群では効果が高い傾向がみられたとの報告もあります2)

また、これらの報告とは逆に、パロキセチン塩酸塩水和物投与中の中等度アルツハイマー型認知症患者様にアリセプトを追加投与したところ、興奮と錯乱をきたして攻撃的になったという症例報告もあります3)。この報告に対して、患者様が攻撃的になった理由を両薬剤の相互作用とは断言しかねる、とコメントしたものもあります4)

なお、SSRIは脳の器質的障害のある患者様には「慎重投与」となっています。

1)吉村匡史ら:Pharma. Medica., 22, 133-6(2004)[ART-1140]

2)Evans, M. et al.:Int. J. Geriat. Psychiatry, 15, 50-3(2000)[ART-0200]

3)Carrier, L.:J. Am. Geriatr. Soc., 47, 1037(1999)[ART-0113]

4)Rojas-Fernandez, C.:J. Am. Geriatr. Soc., 48,597-8(2000)[ART-0265]

ページトップへ

第Ⅷ章 薬物相互作用ページをご覧の皆様へ

エーザイのアルツハイマー型、レビー小体型認知症治療薬「アリセプト」のサイトです。
アルツハイマー型、レビー小体型認知症の患者様とそのご家族を支え、コミュニケーションをサポートするツールも掲載しています。