アリセプトについて たしかめてください、患者さんの「認知機能」

アリセプトD錠の崩壊性について

アリセプトD錠の崩壊性イメージ(動画)

D錠の崩壊性試験

アリセプトD錠の製剤特性を評価するため崩壊試験を行った。

試験方法と結果:
試験は一般試験法に従い行った。
しかし、錠剤が補助盤に張り付いて判定が困難なため、補助盤を用いない方法とした。

アリセプトD錠崩壊時間

アリセプトD錠崩壊時間

製剤 崩壊時間(秒)
D錠 3r 15〜18
D錠 5r 15〜23
D錠10r 17〜27

(エーザイ社内資料)

〈参考〉フィルムコート錠崩壊時間
錠 3mg実測値:3〜4分(2003年生産品10ロットの値)
錠 5mg実測値:8〜10分(2003年生産品10ロットの値)
錠10mg実測値:3〜4分(PV品3ロットの値)
(エーザイ社内資料)

注)PV品(プロセスバリデーション品):
各製造工程における製造条件と製造品質を検証した商業生産品

「アリセプトについて」トップへ

ページトップへ

アリセプトD錠の崩壊性についてページをご覧の皆様へ

エーザイのアルツハイマー型、レビー小体型認知症治療薬「アリセプト」のサイトです。
アルツハイマー型、レビー小体型認知症の患者様とそのご家族を支え、コミュニケーションをサポートするツールも掲載しています。