認知症いろいろ たしかめてください、患者さんの「認知機能」

Dementia Support 2011 Summer

センター方式で互いの可能性をひらく(7)

それまでの暮らしを大切にし、生き生きした活動の場を広げる

  • 事例提供 (株)クロス・サービス 福祉事業部部長 グループホームだんだん 小林厚子
  • アドバイザー 認知症介護研究・研修東京センター 研究部副部長 永田久美子

「月に1回は自宅に帰りたい」という入居者の願いを叶えようと支援をしてきた。活用したA-4シート(私の支援マップシート)からわかったのは、本人がかつて暮らしていた地域でさまざまな人と接点をもち、なじみの場所をもっていたことだった。グループホーム「だんだん」では、そうした関係を今の生活につなぎ、活動の場を広げることで、本人が生き生きと暮せることを目指した。

なじみの暮らしや人をつなぐ

 お遍路さんで賑わう初夏の伊予松山。市内にある一軒家を改造したグループホーム「だんだん」には9人のお年寄りが暮らしている。そこの廊下を飾る花は、Aさんが生けた。「きれいですね」と言うと、「もっとよくできるんだけど」と不満そう。昔、生け花の先生をしていただけに出来映えには厳しい。

 Aさんは80歳代。慢性腎不全に加えアルツハイマー病を発症し、一人暮らしが困難となり、2006年、ここに入居した。ホームでは最初は、家族・地域・医療との関係づくりを支援の目標に決め、その手掛かりを得るためにセンター方式を活用した。県外に住む家族にもシートを書いてもらった。家族はとても協力的で、C-1-2シートに長女が描いた母親は、ふっくらした表情で思いがこもっている。ほかのB-3シートやD-1シート、D-2シートも、スタッフのシートと合わせると、共通点もあれば知らない点もあって、本人を多面的に見ることができた。生け花が得意だということもこれで発見でき、ホームの花を生けるのはAさんの役割となり、張り合いにもなっている。

 Aさんは口癖のように「籠の鳥になりたくない」と言い、外出を好んだ。また、月1回長女と共に自宅に帰っていた。「私たちは開設時から、自分の家に帰ることが可能であることをご本人とご家族に伝え、その意向に沿って支援しています。Aさんはお仏壇やお墓のことを気にされており、ご家族の了解と協力のもとで帰宅していました。ご本人が過ごしたいところを決めるのは普通のことです。そこで、私たちは自宅での様子や過ごし方、近所の人との関係などをアセスメントしようと、A-4シートを使いました」と小林厚子部長は話す。

 自宅までは車で10分の距離。Aさんは自宅に帰ると、家の片付けや季節の衣替え、仏壇の花の手入れをし、近所で親しくしていたBさんに必ず声を掛ける。墓参りやよく行っていたスーパーに買い物に行く。その途中で「元気にしよる?」と知り合いから声を掛けられることも(図1)。

 帰宅中、Aさんはあちこちに電話をかける。自宅の電話機は昔のダイヤル式だから使い慣れている。ホームの電話機はプッシュホンなのでスタッフの手を借りないといけない。

 「Aさんは以前の住まいで、いろんな人と接点をもち、なじみの場所をもっていました。それがグループホームで暮らすことで切れてしまうのは、本人にとって寂しいことです。そうした関わりも継続しながら、新しい住まいでまた新しい関わりができ、活動の場が広がっていく、そうした支援ができればいいですね」

 長女が連れ帰れないときはスタッフが同行するが、それも意義があると、小林さん。

 「スーパーに一緒に買い物に行って、ああここの店を利用してたんだなあ、とスタッフが知るだけでも、ホームで会話するときに違うんです。どのような暮らしをしてきたか、住まいのたたずまいはどうか。それがグループホームの生活に反映できます。何を大切にしてきたかが見えると、介護の糸口を掴めます」

 自宅で見るAさんの別の一面を、ホーム管理者の上野睦子さんはこう話す。

 「本人は家に帰ったら、お風呂上りにお酒が飲めるのも楽しみなんですよ(笑)。また、『お父さんと昔行った喫茶店あるんよ』と懐かしそうだったので、思い出せるかと探しましたが、わかりませんでした」

図1 私の支援マップ(2009年)

「月に1回は自宅に帰りたい」という要望を叶えるべく、A-4シートを用いてアセスメントをしてみた。するとAさんは以前の住まいで、近所の人やスーパー、商店、お墓などさまざまなつながりをもっていたことがわかった。それらと切れないよう、関わりを継続しながら、新しい生活の場であるホームでもまた、新しい関わりをつくっていき、生き生きした生活ができるよう支援がなされた。

「Dementia Support 2011 Summer」へ

ページトップへ

それまでの暮らしを大切にし、生き生きした活動の場を広げるページをご覧の皆様へ

エーザイのアルツハイマー型、レビー小体型認知症治療薬「アリセプト」のサイトです。
アルツハイマー型、レビー小体型認知症の患者様とそのご家族を支え、コミュニケーションをサポートするツールも掲載しています。