認知症いろいろ たしかめてください、患者さんの「認知機能」

Dementia Support 2011 Summer

認知症の人を支援するケアマネジメント

高齢者の暮らしを地域の社会資源を活用し支える

  • 事例提供 小規模多機能ホーム夢家 ケアマネジャー 野瀬 博子
  • 医療者のコメント 医療法人ハートフリーやすらぎ 訪問看護ステーションハートフリーやすらぎ管理者 訪問看護認定看護師 大橋 奈美
  • 事例解説 桜美林大学大学院教授 白澤 政和
はじめに

 一人暮らしの認知症高齢者の場合、地域社会との円満な関係をつくることが大変難しい。具体的には、「火事を起こしたら困る」といった苦情が出るなど、地域住民と本人との間で葛藤が生じやすい。特に、BPSD(行動・心理症状)を有するような一人暮らし高齢者の場合には、地域生活が極めて難しくなる。こうした高齢者を地域で支えていくためには、どのような支援が必要かを考えてみたい。

事例概要

(小規模多機能ホーム夢家 ケアマネジャー 野瀬 博子

 Aさんは、頻回な苦情電話や119番通報などの激しいBPSDにより、介護サービス事業者とのもめごとが多く各事業所を転々としていた。そんな中、担当ケアマネジャーから当事業所へ相談があった。

 「24時間365日、なじみのスタッフ、なじみの環境での継続した支援が可能な小規模多機能型居宅介護のサービスを利用することで、Aさんが落ち着いて、住み慣れた自宅で暮らすことが少しはできるのではないか」

 こうして小規模多機能ホームの利用が始まる。穏やかな日々と悪態の日々の差が大きかったが、やがてホームに通うことが日課となった。しかし、再び混乱と不安感を増大させ、頻繁に消防署に電話をし、地域住民からも苦情が寄せられた。本人に説明しても聞き入れず、ホームでの泊まりを開始するが、救急車要請はおさまらない。一事業所で可能な支援には限界があると感じ、地域のさまざまな資源の連携により支援ができないものかと考え、協力を要請し、実践に踏み出した。

Aさんのケース 80歳代 女性

「Dementia Support 2011 Summer」へ

ページトップへ

高齢者の暮らしを地域の社会資源を活用し支えるページをご覧の皆様へ

エーザイのアルツハイマー型、レビー小体型認知症治療薬「アリセプト」のサイトです。
アルツハイマー型、レビー小体型認知症の患者様とそのご家族を支え、コミュニケーションをサポートするツールも掲載しています。