認知症いろいろ たしかめてください、患者さんの「認知機能」

認知症特集

これからの認知症で果たすべき役割

認知症診療でかかりつけ医が果たすべきこと

かかりつけ医認知症対応力向上研修と認知症サポート医

 厚生労働省では、かかりつけ医が認知症診療に積極的に参画できるよう、「かかりつけ医認知症対応力向上研修」を行うとともに、認知症サポート医養成を行ってきた。東京都では、東京都認知症地域医療推進事業として「認知症サポート医養成研修」を平成17年度から行うとともに、「かかりつけ医(主治医)認知症対応力向上研修」を平成18年から21年まで開催した。さらに「認知症サポート医フォローアップ研修」を平成21年に開始し、認知症に対するかかりつけ医療機関の充実をはかった3)
 認知症診療は日々進歩しており、かかりつけ医への認知症対応力向上研修も一回の講習だけでなく、継続的な研修が必要である。しかし、その研修企画の立案等を期待されている認知症サポート医の活動にも温度差のあるのが現状であろう。認知症サポート医への活動支援体制充実を望む。

地域の医療機関および他職種との連携

 かかりつけ医が認知症診療を行うときに課題になるのが、確定診断とBPSD対応、身体合併症対応、そして他職種との連携である。認知症の診断に迷う場合や自院でBPSD対応困難な場合は専門医療機関に紹介することになり、普段から専門医療機関との連携関係を構築しておくことが大切である。また認知症対応は、医療のみでは無理で、行政・医療・介護・福祉・地域住民の理解と協力による包括的ケアが求められる。かかりつけ医は地域に密着した医師として、ぜひ訪問介護事業所、訪問看護ステーション、地域包括支援センターらと良好な連携構築を行い、ケアマネジャーなど他職種連携の中心的役割を果たしていただきたい。

文献
  1. 1)データから見た認知症の現状、東京都の認知症ポータルサイト「とうきょう認知症ナビ」、東京都福祉保健局、http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/zaishien/ninchishou_navi/kisochishiki/ninchishou/data/index.html
  2. 2)弓倉 整:都市型の医師会が主体となった地域連携実践について、老年精神医学雑誌、17、125〜132(2006)
  3. 3)東京都認知症サポート医フォローアップ研修テキスト、東京都福祉保健局(2010)

認知症新時代への挑戦トップへ

ページトップへ

認知症診療でかかりつけ医が果たすべきことページをご覧の皆様へ

エーザイのアルツハイマー型、レビー小体型認知症治療薬「アリセプト」のサイトです。
アルツハイマー型、レビー小体型認知症の患者様とそのご家族を支え、コミュニケーションをサポートするツールも掲載しています。