お役立ち情報 たしかめてください、患者さんの「認知機能」

患者様とのコミュニケーションツール

ずばり解決

“物盗られ妄想”や“徘徊”等への対応方法を、Q&A形式でわかりやすくご説明いただけます。
監修:
八千代病院 神経内科部長 川畑 信也

ずばり解決

アルツハイマー型認知症を診療されている先生方へ

介護者は患者さんの行動や情緒の変化を理解できずに困惑しているケースが多いようです。
様々な症状が病気によって引きおこされることを介護者に理解いただければ、介護者の不安は軽減できると考えます。
困った症状に有効な対応策はないかもしれません。しかし、これらの症状は、永久に続くのではなく、病気の進行に伴い消えることが多いものです。
今、困っていても経過とともに消えることもありますから、気長に介護することを介護者へお勧めください。

目次
  1. 1.「物を盗られた」と言われて困っています。

    1.「物を盗られた」と言われて困っています。

  2. 2.夕方になると「家に帰る」と言われてしまうのですが?

    2.夕方になると「家に帰る」と言われてしまうのですが?

  3. 3.徘徊はなぜおこるのですか?

    3.徘徊はなぜおこるのですか?

  4. 4.徘徊がみられて困っています。

    4.徘徊がみられて困っています。

  5. 5.トイレでの失敗はどうしたらいいでしょう?

    5.トイレでの失敗はどうしたらいいでしょう?

  6. 6.何回言っても理解してもらえません。

    6.何回言っても理解してもらえません。

  7. 7.自動車の運転が心配なのですが・・・?

    7.自動車の運転が心配なのですが・・・?

  8. 8.デイサービスの利用を嫌がるのですが。

    8.デイサービスの利用を嫌がるのですが。

  9. 9.認知症とアルツハイマー型認知症は同じですか?

    9.認知症とアルツハイマー型認知症は同じですか?

  10. 10.アルツハイマー型認知症は治りますか?

    10.アルツハイマー型認知症は治りますか?

PPTの一括閲覧(5.1MB)

PDFの一括閲覧(1.3MB)

患者様とのコミュニケーションツールトップへ

ページトップへ

ずばり解決ページをご覧の皆様へ

エーザイのアルツハイマー型、レビー小体型認知症治療薬「アリセプト」のサイトです。
アルツハイマー型、レビー小体型認知症の患者様とそのご家族を支え、コミュニケーションをサポートするツールも掲載しています。