お役立ち情報 たしかめてください、患者さんの「認知機能」

患者様とのコミュニケーションツール

ずばり解決

“物盗られ妄想”や“徘徊”等への対応方法を、Q&A形式でわかりやすくご説明いただけます。

7.自動車の運転が心配なのですが・・・?

自動車の運転には、運動能力、判断力など多くの機能が必要です。万が一の事故を考え、運転はひかえるように、ご家族から伝えてもらいましょう。

●ご家族が口頭で伝えても運転してしまう場合は・・・

対応例1
「運転は禁止」の診断書を書いてもらい、
ご本人に署名してもらうなど、納得してもらいます。
対応例2
自動車を別の駐車場に移すなどして、本人の目にふれないようにします。
対応例3
運転免許試験場や警察に相談し、高齢者講習(70歳以上)で運転を控えるよう告げてもらいましょう。

PPTの一括閲覧(5.1MB)

PDFの一括閲覧(1.3MB)

ずばり解決トップへ

ページトップへ

ずばり解決(本編)ページをご覧の皆様へ

エーザイのアルツハイマー型、レビー小体型認知症治療薬「アリセプト」のサイトです。
アルツハイマー型、レビー小体型認知症の患者様とそのご家族を支え、コミュニケーションをサポートするツールも掲載しています。