お役立ち情報 たしかめてください、患者さんの「認知機能」

患者様とのコミュニケーションツール

インフォームド・コンセントファイル

認知症の症状やアリセプトの投与による改善についてご説明いただけます。
監修:
首都大学東京 繁田 雅弘
安部第一医院 安部 明夫
資料提供:
鳥取大学 浦上 克哉
香川大学 中村 祐
東京医科大学 羽生 春夫

インフォームド・コンセントファイル

アルツハイマー型認知症を診療されている先生方へ

アルツハイマー型認知症治療では、ご家族、介護者の方に疾患・治療についてご理解いただくことが重要です。
この『インフォームド・コンセントファイル』は、アルツハイマー型認知症の具体的な症状や治療の意義、アリセプトの服用について、ご家族、介護者の方へわかりやすくご説明いただけるツールです。
ぜひ、日々の認知症治療にお役立てください。

目次
  1. 1.認知症は「身近な病気」です。2012年の認知症高齢者数は、推計約462万人でした。

    1.認知症は「身近な病気」です。2012年の認知症高齢者数は、推計約462万人でした。

  2. 2.「老化によるもの忘れ」と「認知症によるもの忘れ」の違い

    2.「老化によるもの忘れ」と「認知症によるもの忘れ」の違い

  3. 3.初発症状にはこのようなものがあります

    3.初発症状にはこのようなものがあります

  4. 4.このような症状で気付かれる場合もあります

    4.このような症状で気付かれる場合もあります

  5. 5.アルツハイマー病とは

    5.アルツハイマー病とは

  6. 6.アルツハイマー病の経過

    6.アルツハイマー病の経過

  7. 7.中核症状:記憶障害

    7.中核症状:記憶障害

  8. 8.中核症状:失認、失行

    8.中核症状:失認、失行

  9. 9.中核症状:失語、実行機能障害

    9.中核症状:失語、実行機能障害

  10. 10.周辺症状:嗜好の変化、妄想、自発性低下

    10.周辺症状:嗜好の変化、妄想、自発性低下

  11. 11.神経細胞が障害を受け減少するため脳の萎縮がおこります

    11.神経細胞が障害を受け減少するため脳の萎縮がおこります

  12. 12.神経細胞が障害を受け減少するため脳の萎縮がおこります

    12.神経細胞が障害を受け減少するため脳の萎縮がおこります

  13. 13.治療法は?

    13.治療法は?

  14. 14.アリセプトを服薬すると・・・

    14.アリセプトを服薬すると・・・

  15. 15.アリセプトにより認知症症状の進行を遅らせます

    15.アリセプトにより認知症症状の進行を遅らせます

  16. 16.アリセプトの投与でみられる改善症状

    16.アリセプトの投与でみられる改善症状

  17. 17.アリセプトの投与でみられる改善症状

    17.アリセプトの投与でみられる改善症状

  18. 18.服薬方法(口腔内崩壊錠)

    18.服薬方法(口腔内崩壊錠)

  19. 19.主な副作用

    19.主な副作用

  20. 20.薬をご家族の判断で中止しないでください

    20.薬をご家族の判断で中止しないでください

  21. 21.自分らしく生活し続けるために〜日々の暮らし〜

    21.自分らしく生活し続けるために〜日々の暮らし〜

  22. 22.自分らしく生活し続けるために〜日々の暮らし〜

    22.自分らしく生活し続けるために〜日々の暮らし〜

  23. 23.自分らしく生活し続けるために〜もの忘れ対策〜

    23.自分らしく生活し続けるために〜もの忘れ対策〜

  24. 24.自分らしく生活し続けるために〜食事について〜

    24.自分らしく生活し続けるために〜食事について〜

  25. 25.<参考>アリセプト剤型一覧

    25.<参考>アリセプト剤型一覧

  26. 26.さいごに

    26.さいごに

PPTの一括閲覧(9.6MB)

PDFの一括閲覧(5.6MB)

患者様とのコミュニケーションツールトップへ

ページトップへ

インフォームド・コンセントファイルページをご覧の皆様へ

エーザイのアルツハイマー型、レビー小体型認知症治療薬「アリセプト」のサイトです。
アルツハイマー型、レビー小体型認知症の患者様とそのご家族を支え、コミュニケーションをサポートするツールも掲載しています。