よくあるご質問 たしかめてください、患者さんの「認知機能」

よくあるご質問

アリセプトD錠バラ包装の包装から出した後の安定性について教えてください。

アリセプトD錠の無包装状態での安定性を検討したところ、温度(40℃ 3ヵ月保存)及び湿度(25℃/75%RH3ヵ月保存)という条件下でも問題のないことが明らかになりました。また、含量等についても問題はありませんでした。

光に対する安定性試験については、無包装状態・20,000ルクス・60時間保存により錠剤のわずかな黄変、含量低下が認められています。また、通常の調剤環境分包後・1,000ルクス・2ヵ月保存により、錠剤の極わずかな変色(本質的な問題にはならない程度)が認められています。

エーザイ社内資料

よくあるご質問トップへ

ページトップへ

アリセプトD錠バラ包装の包装から出した後の安定性について教えてください。ページをご覧の皆様へ

エーザイのアルツハイマー型、レビー小体型認知症治療薬「アリセプト」のサイトです。
アルツハイマー型、レビー小体型認知症の患者様とそのご家族を支え、コミュニケーションをサポートするツールも掲載しています。